ブログ blog page

(1) 椎間板ヘルニア 左側のお尻が痛い

2017-03-27 (Mon) 13:28
治療を受けに来る人たちにはいろいろなタイプがあって、
文字通り十人十色だ。

「治りたい」という一途な思いは、皆同じなのだろうが、
治療する間の対応は、人それぞれで異なってくる。

患者さんの「姿勢」がである。

自然良能会の門を叩く人は、
当初は病院をはじめいろんな治療を受けたが、
いずれもいっこうに良くなる気配がなく、
自然良能会の骨盤調整の噂を聞いて
来たというケースが多い。

それだけに、藁をもつかむ思いで来ても、
「この治療で本当に治るのかしら?」
との疑念で気持ちがゆらいだり、不安な思いが出たりする。

また気質なのだろうが、実に癖の強い人もいる。
そうした悲観的な考えの人は、当然問題であるが、
ちょっと良くなると「治った」と判断してしまう。

治療する側が困るのは当然だが、
それ以上に困るのは患者さん白身なのである。

「病気を治すのは自然良能の力だ」
 というのが自然良能会の基本的な考えなのだ。

自然良能とは、人間が本来もっている「自分で治す力」のことであって、
同会の治療家たちが行う治療は、
その自然良能を引き出す手伝いに過ぎないのだ。

現代医学とて同じことである、
患部を消毒したり、炎症を抑える薬を投与したり、
潰瘍を手術で除去したりするが、
それは手当でしかないもので、
治癒する力は自然良能の力の作用に負うしかないといえよう。

同会の専門分野である腰痛、神経痛などについても同じことがいえる。
同会では「万病一元」といい、
もろもろの症状の原因は、骨格の変位からくる
血液循環の不順、神経流通の阻害、
そして筋肉、靭帯の硬縮などなどから派生するものであり、
その骨格の狂いの根本原因は骨盤の歪みにある・・・

それが自然良能会独自の考えであり、
骨盤(巌密にいえば骨盤の中にある一対の仙腸関節)の
ズレを正すことを主眼にした治療法が骨盤調整であって、
実際に長年にわたって数多くの治療実績を積み重ねてきたのだった。

骨盤を正すことで血液の流れを活発にし、
自然良能を旺盛にする。
同会の治療はその一言に尽きるのだ。

それだけに、この治療法を信じ、熱心に通い、
また同法の補助運動であるバラコンバンドを使った
腰回し運動にも懸命に励む人と、
バラコン運動も熱心でない人とでは、
つまり前向き、後向きの患者さんでは「治る」ことに
大きな差ができるのは当然のことであるというものである。

だからこそ、自然良能会は「患者さんの姿勢」について言及するし、
患者さんにもあれこれ注文をつける所以であるのだ。

Kさんが、初めて総本部に来たのは昨年の2月であった。
ラフなスタイルをしていて、
上背もあり、がっしりした体だった。

訴えた症状は、椎間板ヘルニアであった。
「お辞儀のしすぎでヘルニアになったのです」

その症状に見舞われたのは、前年の11月だといい、
その理由がお辞儀のしすぎだという変な理由を聞いた本部スタッフは、
一瞬、ええっ? と思ったのだった。

さらにKさんは、秘書をしていて、連絡や折衝役を任されているので、
いつもペコペコとお辞儀のしっぱなしであったからというのだった。

鴨川さんは、昨年の11月に病院で椎間板ヘルニアと診断され、
2ケ月ほど入院したのだが、いまは左側のお尻の下が痛いと訴えた。

診れば、右仙腸関節がズレていて、骨盤が右上後方に傾いている。

痛みが逆方向の左側に出るのは、
悪い右を自然にかばうために左に負担が過剰にかかった結果である。

いずれにしても椎間板ヘルニアは、
この根本の原因である骨盤の狂いから派生したものであって、
ヘルニアの痛みは従犯であるが、主犯ではない。

医者はMRIなどの検査でヘルニアを見つけると、
すぐにこの病名を付けるから、五味会長が、「なんでも椎間板」
と榔楡するように、その病名の患者さんが圧倒的に多いが、
自然良能会では「腰痛」と主張している。

腰痛は現代医学では病名ではなく、
単なる状態をいうものとしているが、
同会では椎間板ヘルニアや股関節脱臼、ギックリ腰その他の症状を
総称した病名と考えている。

椎間板ヘルニアにしても、MRIなどの検査機器で、
髄核が突起して骨化したもの(ヘルニア)が見えるからというので
その病名が付いただけである。

本当の原因である「骨盤変位」にはなんの注意もはらっていない。

極端な例は、同じ検査機器に骨盤があきらかに歪んだ形に映っても、
医者は無視し、ヘルニアだけに注視する。

医者の「知識」には骨盤(仙腸関節)変位が
もたらす意味がないのであろう。

そのへんのことは、五味会長の
「椎間板ヘルニア手術なんてとんでもない」
その他の著書を読んでいただければ詳しく説明してあります。

 

月刊自然良能より
この記事を表示

(3) 椎間板ヘルニアは手術しなくても治る

2017-03-01 (Wed) 13:32
痛さでべそをかきながら、歩くのもやっとという格好で入ってきた。(以前にもいったように)初診の患者さんは、五味会長が自ら診て治療する。だが、身体のどこをさわっても、悲鳴を上げて痛がる。通常の手順のような...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニアは手術しなくても治る

2017-02-22 (Wed) 13:41
しかし現代医学では、具体的な原因や治療法の説明はなく、短絡的に飛び出ているヘルニアを削り取れば痛みは解消すると言って、猛烈な痛みを訴える患者さんに、「すぐに手術しなければいけません」と勧める。奇妙な事...
記事全文を読む

(1)椎間板ヘルニアは手術しなくても治る

2017-02-14 (Tue) 14:44
若い世代に増えている腰痛4年前に椎間板ヘルニアの手術をしたのだったが、また再発して歩けなくなった。だが二度と手術はしたくないと迷っている時、骨盤調整を勧めたのはお母さんであった。五味勝会長の著書を読み...
記事全文を読む

(2) 高齢者の効果的な治療法 右太ももに痛み

2017-01-25 (Wed) 12:53
Wさんも(牽引だろうと思われる)腰伸ばしのリハビリをしたというが、所詮はお茶をにごすような処置に過ぎず、当然のように治るどころか改善の見込みはまるでなく、状態は悪くなっていくばかりだった。老化現象・・...
記事全文を読む

(1) 高齢者の効果的な治療法 右太ももに痛み

2017-01-16 (Mon) 13:30
医師らがいう老化現象の「あやふやさ」と高齢者の効果的な治療を考察する腰と足の痛みで歩行も困難だったのが、数回の骨盤調整でウソみたいにらくになって!腰と右足の痛みで、日常の動きもままならぬようになって、...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニアと神経ブロックを考える

2016-12-12 (Mon) 13:08
そこで、整形外科の治療と併用して整体治療も10月から受けたのであった。そこで「年末までには完治するでしょう」といわれた。たしかに年末には(まだ身体を前傾させたヘンな格好の歩き方だったが)痛みはだいぶや...
記事全文を読む

(1) 椎間板ヘルニアと神経ブロックを考える

2016-12-05 (Mon) 14:06
椎間板ヘルニアのあまりの痛さに神経ブロックの注射を受けたのが、今回の症例です。だが、神経ブロック注射は痛みを麻痺させるだけの手段であって、治すための方法ではありません。たまたま立ち寄った会社の近くの書...
記事全文を読む

腰痛、肩こり、膝痛

2016-11-16 (Wed) 13:45
治らないのかと半ばあきらめていたのが骨盤調整でウソみたいに治った初めて治療に来だのは、10月であった。知り合いの人がたまたま自然良能会の患者さんだったことから、骨盤調整のことを聞き、その紹介で来たのだ...
記事全文を読む

ムチ打ち 肩、背中もこる 食欲不振、不眠

2016-11-09 (Wed) 13:22
自然良能会の五味先生の治療所へ行った時、私は「ひどいムチ打ちで・・・」と訴えたのでした。4年ほど前にお宮さんの石段を下りていた時、最後の3~4段で足を踏みはずして、ドンと転げ落ちて、腰を強く打ったので...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP