ブログ blog page

(4) 五味式骨盤調整理論 腰痛について

2015-04-13 (Mon) 12:11
その苦しみは、なった当人でなければわからないものだ。
身動きができない。
寝返りしようと少しでも動けば激痛が走り、
その刺激でより激痛になる。

こういった最悪の状態では医療は効かない。
夜も昼も一瞬の休みもなく痛みにさいなまれる。

「どうなることか」と心配も極限に達するが、
命がなくなるという心配はない。
日時の経過と共に痛みはうすらいでいく。

それは、関節が動くことによって神経を刺激するからで、
関節周辺の靭帯や筋肉が萎縮から硬直に入り、
関節の動きを制限、あるいは固定させて
動かなくしてしまうからである。

痛みがなくなれば、トイレとか食事とか
座ったり、たったり徐々に動けるようになる。
つまり、放っておいても痛みは軽減していく。

痛みに慣れてきたこと、神経管の圧迫などで
神経が鈍麻になったためでもある。

徐々に動けるようになると、
人それぞれに仕事がある。
日時をかけて通常の動きができるようになる。

喉元過ぎればで、
あれほど苦しんだ腰痛を忘れてしまう。
仕事、遊びなど過労になると、再発である。

いっぺん腰痛をおぼえるとほとんどの人が
再発、再々発をし浸注になってしまう。

父は軍隊時代に激烈な腰痛になった。
そのとき33歳だった。
50年間のあいだに何十回もの
いろいろな症状の腰痛を昧わった。

腰痛のつらさやさまざまな症状を
身をもって知っているのだ。

偶然の機会に腰痛を治した。
治った原因は仙腸関節らしいとわかった。

幸いなことは、解剖学専門の国立大の
助教授 石塚寛博士の知遇を得たことで、
博士の指導で30年間にわたって
仙腸関節の働きを研究しつづけ、
新しい骨盤調整治療法を創り出した。

世界に例を見ない画期的な治療法である。
父の努力は並たいていのものではなかった。
10年余りの研究で、ほぼ治療法ができた。

その時点で講習会、地方講演と多忙をきわめ、
外国からも講演依頼があり、
カナダ、アメリカその他へ行った。
それこそ日曜も祭日もなかった。

その後も研究は怠らない。
患者さんの疾患が対象なので確かなものである。

20年たって治療法はだいたい完成した。
仙腸関節、骨盤を主体としての
医学的理論にもとずいての治療理論。

骨盤調整法は「秘法」であるが、
父はおしげもなく公開した。

このすばらしい治療法を後世に
伝えなければという思いからである。


月刊自然良能より
この記事を表示

(3) 五味式骨盤調整理論 腰痛について

2015-04-11 (Sat) 12:54
右仙腸関節(ほとんどが右に変位する)が狂うと、右の骨盤が上方に引っ張られて重くなる。左骨盤は外後方に捻転し左に傾く。脊椎(背骨)は腰椎部では左に側わんする。このままでは、左にくの字に傾いて動作ができな...
記事全文を読む

(2) 五味式骨盤調整理論 腰痛について

2015-04-10 (Fri) 12:38
誰でも体にメスを入れらるのぱいやなものだ。「治る」と思うから医者を信用して手術をするわけだ。切られるのは自分なのだ。失敗に終わっても、やり直しはきかない。「切って治るのですか?」と聞くべきである。手術...
記事全文を読む

(1) 五味式骨盤調整理論 腰痛について

2015-04-08 (Wed) 13:13
骨盤調整の主要なテーマは「腰痛」いまや腰痛は、3人に1人あるといわれている。昔は40腰といわれた。人間の体も40年使うと全体に慢性的疲れがでてくる。そこへ更年期、そして老化に入る。そのとき、人体の中心...
記事全文を読む

(2) 知っていますか?人間の要 骨盤(仙腸関節)

2015-04-07 (Tue) 12:54
腰痛の原理は、仙腸関節変位。(右側が90%狂う)これが腰椎に波及して腰椎に変位をきたし、椎間板ヘルニアという結果をもたらす。つまり、真因は仙腸関節変位。椎間板ヘルニアは二次的に生じるもので、これを対象...
記事全文を読む

(1) 知っていますか 人間の要 骨盤(仙腸関節)

2015-04-06 (Mon) 12:46
「腰痛」を載せると、腰痛に関する問い合わせが多くなる。それだけ腰痛に悩む人が多いということであろう。骨盤は、人体の中心にある。その骨盤の中にある一対の仙腸関節これが要の働きをする。扇の要はひとつで、そ...
記事全文を読む

(4) 健康管理の考察 毎日かならず一万歩

2015-04-04 (Sat) 13:25
四番目の「毎日かならず一万歩」。容易なようでいて、毎日となると大変であるが、かならず励行してもらいたい。歩くことが健康にいいことは誰でも知っているが、つい乗りものを利用する。歩ける距離、時間があれば努...
記事全文を読む

(3) 健康管理の考察 不健康のもと三白の害

2015-04-03 (Fri) 13:00
不健康のもと三白の害そして「塩」これがまた悪い。健康管理で知られた言葉に「三白の害」というのがある。「白い塩、白い砂糖、白米」だ。精製したものはいけないのである。なかでも惑いのが塩なのだ。肥るのに気を...
記事全文を読む

(2) 健康管理の考察 「煙草」

2015-04-01 (Wed) 12:46
次に「煙草」である。こと健康に関して言えば、煙草は利は皆無で害ばかりだ。一本吸っても駄目なのだ。だから、私は吸わないことにしている。大仰ではなく、煙草を吸うと寿命が縮まる。具体的な数字を言えば、煙草一...
記事全文を読む

(1) 健康管理の考察 病気にならない自己管理

2015-03-31 (Tue) 14:05
病気にならない自己管理がなによりも基本!健康管理は治療師の心得私たちは日々、病める人を治療している。それが、仕事である。義務とか責任といった肩肘張ったものではなく、当然なすべきことを努めているまでだ。...
記事全文を読む

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP