ブログ blog page

腰痛進行度チェック法 (3)

2009-04-29 (Wed) 13:07
「腰痛あまりにも多すぎる」より
 
■ 歩きながらつまずきやすい人
歩幅が違う歩き方と同じ理由です。
それが、なんでもないのによくつまずくようになると、だいぶ悪化しています。
転んだり、ねんざしたり・・・治療をお勧めします。
 
■ 腰を引いて歩く
「ハト胸出っ尻」タイプ。こうした女性はセクシーだという人も多いようですが、
体型学からみれば骨盤に疑問符。
まだ軽症で発達した筋肉のため痛みはありませんが、危険な要素を潜在しています。
 
■ 腰を前に突き出して歩く
かなりの重症です。
骨盤が前後に狂っているから、そういう歩き方になります。
老人に多くみられます。
 
■ ガニ股で歩く
両足を開かないと歩きにくい。
かなりの重症です。
そのわりに骨盤異常を意識していません。
 
■ 肩を左右に振って歩く
両方の腰ばかりか、股関節にも異常をきたしています。
足を出し、その足を支えるために次の足を出します。
そのときグッと股関節に送り込まないと支えられないので、必然的に肩が下がります。
それを交互に繰り返すから両肩が左右に振れます。重症。
 

この記事を表示

腰痛進行度チェック法 (2)

2009-04-27 (Mon) 12:25
「腰痛あまりにも多すぎる」より ■すぐイスの背もたれに寄りかかったり、ヒジかけにもたれる、骨格が正常な人は背筋を伸ばしてキチッと座れますが、腰に異常のある人はすぐ背によりかかったり、ヒジかけ...
記事全文を読む

腰痛進行度チェック法 (1)

2009-04-26 (Sun) 13:50
「こんな症状がでたら要注意!」という腰痛の進行度合いのチェック法を紹介します。■朝起きるとき、すぐ上体を起こすと腰が痛い働き過ぎる(疲労)と腰の筋肉が萎縮します。そのまま眠ると、筋肉は動かないからます...
記事全文を読む

現代医学での骨盤認識のあやふやさ (2)

2008-10-05 (Sun) 22:25
本誌ではこれまでにも何度も指摘していることは、この整形外科医だけではなく、いろんな「腰痛本」を出している専門家といわれる人たちの著書のどこを見ても、ちょっとしたストレッチ体操や、ゴムバンドやテーピング...
記事全文を読む

現代医学での骨盤認識のあやふやさ (1)

2008-10-01 (Wed) 16:17
前号に整形外科医の言葉として、骨盤の歪みの原因は「筋肉のおとろえ」といっていることを紹介したが、自然良能会の見場からすれば、順序が逆であろう。諸々の症状の根本原因は骨盤変位であり、それが歪むことによっ...
記事全文を読む

骨盤が正しく認識されているだろうか (3)

2008-09-29 (Mon) 00:14
ひとつの例として、片側は伸び、反対側はゆるんだりしてバランスが崩れると、筋肉のはたらきや代謝機能が衰えて脂肪がつきやすくなる。疲れやすく、運動不足になり、歪みを助長するというものだ。その医師は、この歪...
記事全文を読む

骨盤が正しく認識されているだろうか (2)

2008-09-26 (Fri) 08:25
本誌(月刊自然良能)の役割は、人体のメカニズムを詳しく説き、どうすれば症状を解消することができるかを具体的に述べて、併せて実際の症例を載せて、骨盤のなんたるかを多くの人に知ってもらおうというものである...
記事全文を読む

骨盤が正しく認識されているだろうか (1)

2008-09-22 (Mon) 16:15
以前に新聞の家庭欄に「骨盤に注目」と題した記事が掲載されたことがあった。最近、急に「骨盤」の文字を冠した言葉がやたら目につくようになった。曰く、骨盤体操とか骨盤ダイエット等々。そんな骨盤は身体の真ん中...
記事全文を読む
<前 1 2

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP