ブログ blog page

なんでも椎間板を考察する

2019-12-10 (Tue) 11:07
いま、椎間板ヘルニアを訴える患者さんが
なぜ多いのでしょうか?

椎間板ヘルニア・・・
自然良能会では、そう訴える患者さんが多い。

いずれも病院(整形外科)で診察を受け、
診断されたもの。

医師の病名は、
患者さんがびっくりするような場合が多くあります。


「なんでも椎間板」と自然良能会の五味会長が
ことあるごとにいうのは、現代医学(整形外科)の
ありかたに対する考えです。

「腰が痛いのですが・・・」と
整形外科で診察を乞うと、まず検査となる。

最近はMRIなどの検査機器が発達して、
身体の内部組織を実に鮮明に映し見ることが
できるようになった。

だから、椎間板の髄核が飛び出て骨化した状態
(ヘルニア)などは簡単に見つけられる。

そうすると医師は、「椎間板ヘルニア」と診断を下す。
だからといって、
真性の椎間板ヘルニアの人はごくまれである。

真性ならば、患部である腰椎の下部を指で押すと、
悲鳴を上げるほどの激痛が走る。

ところが実際は、ほとんどの患者さんは
患部をさわっても痛いのは痛いのだが、
飛び上がるほどではない。
さしたる痛みではないようだ。

そもそもからしておかしいのだ。

椎間板ヘルニアは、いわばひとつの「症状」ではあるが、
本当の原因ではない。

それを現代医学は、突起したヘルニアを認めると、
これが全ての原因であるかのようにその病名を付けるから、
やたらに椎間板ヘルニアが多くなってしまうのである。

それでいて、レントゲンなどで骨盤が
はっきりと傾いていることが判明しても、
そのことについてはなんのコメントもしない。

現在の医学の学問の範躊には、
骨盤(仙腸関節)についての考え方が欠落しているというか、
無視されている。

自然良能会の見解の相違はそこにある。

骨盤が傾ぐと、その上にバランスを保って乗っている脊椎が
不安定になり、歪み、その基部への負担が増幅して、
歪みの圧力で椎間板の髄核を押しつぶして外に突起し、
ヘルニアを形成するようになる。

医師は、そのヘルニアに神経がふれて
痛みを誘発するという。

自然良能会では、神経は弾力性のあるもので、
ヘルニアをかわすから痛みはあっても従属的なものに過ぎない。

本当の痛みは骨盤変位がもたらす骨格の歪みによる
筋肉、靭帯の硬縮や、血液、神経の
流通阻害によるものと主張している。

現代医学は、突起しているヘルニアを取り除けば治るというし、
同会では根本原因である骨盤の歪みを矯正することで、
問題解決を図っている。

その是々非々は改めていわなくても、
同会が長年にわたって積み重ねてきた
実績であきらかであろうかと思う。

自然良能会では、すでに50年以上も前から
骨盤、すなわち仙腸関節の重要性について主張し、

その理論に基づく骨盤調整法で無数の患者さんを治癒してきた。

そうした中には医者に見放された難症の患者さんも数多くおり、
そして治っていった。
その圧倒的な実績がある。

また、前会長の時代に某医学大学の整形外科医が3人、
骨盤調整の見学を乞うて
骨盤調整の治療を実際に見たことがある。

そして、その効果にびっくりして、
「大学に帰ったら学生たちに、このことを是非知らせたい」
興奮気味にいったという。

五味雅吉会長の方が反対に、
「そんな現代医学の考えと異なることを学生に教えると、
先生たちの立場が悪くなるのでは・・・?」

気遣ってそう言うと、
「いえ、私たちは学生たちに、治る治療を教えたいのです」と、
きっぱりとそう語ったのであった。

これは五味会長も著書で紹介している。



今回の症例はMさん(41歳)
初めて自然良能会にきたのは9月だった。

症状は椎間板ヘルニア。
腰椎4番と5番の間にヘルニアが認められる。
腰痛と右足のシビレを訴えた。

椎間板ヘルニアは、だいたいが腰椎4、5番が圧倒的に多い。
次に5番と仙骨の間のヘルニアだが、
だいたい脊椎の下部に出るようだ。

ご承知のように脊椎は、絶妙な音曲を描きながら、
下部に至るほど大きく頑丈になっていく。

それらは頭部、上体の重さがかかる負担に
耐えられるようになっているから。
正常な状態ならば充分負担に耐えられるようにできている。

脊椎の基部の椎間板に異常が発生するのは、
脊椎の歪みからくる偏った圧力がかかるからであり、
その歪みは脊椎を乗せている骨盤の傾きから発するという
きわめて簡単な図式になる。

ところが現代医学は、
ヘルニアは「なんらかの圧力がかかって」というだけで、
明確な原因の説明はしていない。

それでいて、椎間板ヘルニアの治療は、
牽引その他の手当をしつつ、しばらく様子をみましょう。

痛みが激しくなって、患者さんが我慢ができなくなると、
「手術をするしかないですね」と宣告する。

その手術がとんでもないことは、五味会長の著書、
「椎間板ヘルニア 手術なんてとんでもない」
に詳しく説明されている。

同会長のその題名は、まさに自然良能会の治療に携わる
人たちの共通の叫びを代弁したものにほかならないと思う。

Mさんもそうしたプロセスの上で、
手術を宣告されたのだった。

患者さんの立場からすれば、
「椎間板ヘルニアです」と宣告されてもギクッとするが、
手術となると衝撃だった。

さすがに蹟躇した時、家人がたまたま自然良能会のことを知り
勧めたということだった。

Mさんは治療が終わると見違えるように
身体が楽になっているのでびっくりした。

それから、自然良能会通いが始まり、
合計26回通ったのである。

そして、通っていた病院へ行き、MRIを撮ってもらったら、
ヘルニアが元の位置にひっこんでいたので、
またまたびっくりして、そしてうれしくなった。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP