ブログ blog page

(1) 治療の真理

2015-04-14 (Tue) 13:02
腰は人体の中心。
そこに左右一対の仙腸関節があって、
これが人体の要の働きをしている。

いつも言っていることだが、
動いているということは生命現象である。

動かない、ということは死んだということである。
動きがにぶくなることは、
老化現象か病的状態である。

この生命現象を現わすこ動きの主体は関節である。

関節の仕組みは、骨と骨との連なりに動きのあるのをいう。
動けるわけは、関節包、靭帯、筋肉が付着していて、
伸筋と屈筋、これが同時に動くからだ。

いろいろな形をした関節があって、
そのため全身が絶妙な動きをするわけである。

そうした関節は人体中に400近くある。
その重要な関節が骨盤にある仙腸関節である。

例えば、車輪が回転して道路上を走るが、
中心に軸がある。
軸の動きは見えないが、その見えな
い軸の動きで車輪が大きく動くのと同じ原理で
仙腸関節は働いているわけだ。

それほど重要な仙腸関節を、
なんで現代医学が知らなかったのか?

石塚博士は、「われわれ解剖学者は、
常に人体の解剖をし、研究して教える。
あつかう解剖は全部「死体」である。

仙腸関節は解剖学にあって知ってはいるが、
動かない関節、動いてもわずかな半関節、
あるいは不動関節と教わった。

また死体の仙腸関節は動かない。
それらが基礎になっている。

そして、レントゲンに写らないという
現実で、仙腸関節は、問題にされていなかった」
といっていた。


月刊自然良能より

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP