ブログ blog page

病院で椎間板ヘルニアと診断され 骨盤矯正

2013-04-29 (Mon) 19:24
032






















Q 1 ご来院する前はどのようなことで、悩み、苦しんでおられましたか?

病院で椎間板ヘルニアと診断され、
2週間程、つり下げ(足)などをしたが悪くなった。
この頃は、手術をと思ったが、良くなるかどうか不安があった。


Q 2 当院を知ったキッカケは何ですか?

そこで本屋に行き、なにか良い方法はないかと探していて、
たまたま「椎間板ヘルニア切らなくて治る」を見つけた。

Q 3 何が決め手で当院を選びましたか?
( 他院ではなく、当院を選んでくださった理由 )

この本では長崎県には、ここだけであった。

Q 4 実際に来院されていかがですか?
( 率直な感想をお聞かせください )

来院して車から降りるときと、治療して帰るときには、
かなり改善されていた。
これまでは散歩も苦しかったが、少しは散歩できると思った。

その後、しばらくは週2~3回治療し、5年ほどは週1回
その後、現在10年になるけど、2週間1回位で治療している。
現在はストレッチ運動を自宅で加えた。

畑の草刈、山でチエンソでのバッサイなど
長時間の読書も出来ている。


【 津留治療院より 】

遠方にかかわらず、時間をかけて治療に来ていただきまして
ありがとうございました。
元気になっても、あまり無理されないように気をつけてください。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP