ブログ blog page

坐骨神経痛 尻から下肢にかけて痛み、しびれ

2013-04-10 (Wed) 13:10
028






















Q 1 ご来院する前はどのようなことで、悩み、苦しんでおられましたか?

右側の尻から下肢にかけての痛み、しびれが有り、
病院でのMRI検査では椎間板ヘルニアとの診断であったが、
病院で治療するも良くならなかった。
ブロック注射をしようという事でしたので断ってこちらに来ました。


Q 2 当院を知ったキッカケは何ですか?

インターネットで五味先生の本、二冊を読み、探してこちらに来ました

Q 3 何が決め手で当院を選びましたか?
( 他院ではなく、当院を選んでくださった理由 )

五味先生の治療方法を行っておられるとの事で、
こちらへ伺いました。

Q 4 実際に来院されていかがですか?
( 率直な感想をお聞かせください )

治療は週に一回で少ないのですが、
家でバラコン運動をしてしびれは少しまだ残っていますが、
歩いたら痛み(下肢)が出て、
100m~200m毎に休み休みしていたのがなくなりました。

又痛みが右から左へ移っているようです。
(それほどひどくありませんが)


【 津留治療院より 】

椎間板ヘルニアによる座骨神経痛でしたが、
歩かれる姿が自然になってこられて安心しています。

痛み止めの使用も止められて、
一時的には症状を強く感じられていましたが
体のことを思うと良かったです。

歩かれる距離がどんどん伸びていることは、
体の状態が良い方向に向かっている証拠です。
しかしあまり無理をされないようにご注意ください。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP