ブログ blog page

バラコンバンド ヒップアップ巻き

2012-12-07 (Fri) 16:43

■ バラコンバンド ヒップアップ巻き

バンド運動マニュアル http://www.youtu119.com/page0110.html

私自身が仕事中(施術中)に長時間巻いている方法です。
下からお尻を持ち上げるようにすると、
座ったり、立ったりの動作が楽になります。

バンド運動時にも巻く方法のひとつですが、
私自身が仕事中(施術中)に長時間巻いている方法です。

後ろ(背面)側が2本ラインになりますので、
自分で巻く位置をずらして調節が出来ます。

患者さんを中腰の姿勢で施術すると、
だんだん疲れてきて背中から腰にかけてのだるさ、ツッパリが出てきます。
その時は後ろ(背面)側の下のラインのバンドをずらして
下からお尻を持ち上げるようにすると、座ったり、立ったりの動作が楽になります。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP