ブログ blog page

バラコンバンド 胸巻き

2012-12-04 (Tue) 12:25

■ バラコンバンド健康法 胸巻き

肩こり、背中が突っ張るなどの時はわきの下から胸にかけて、
3m~4mバンド大(折径39mm)を使いグルグル巻きます。
10~15分間巻いたら外すを3回繰り返す。背中胸が緩むと呼吸も楽になります。

バンド運動マニュアル http://www.youtu119.com/page0110.html

肩こり、背中が突っ張るなどの時はわきの下から胸にかけて、
バンド大3m~4mを使いグルグル巻きます。
10~15分間巻いたら外すを3回繰り返してください。

背中、胸が緩むと姿勢が良くなり、また呼吸も楽に出来るようになります。
息を吸うと胸部が痛い、体を動かすだけで痛い、寝返りが打てないなど
肋間神経痛は耐え難い痛みです。

ズレを治すためには腰回し運動で骨盤を正して
背中、胸の筋肉をバンドで緩めてやれば大丈夫です。

目安として両乳頭を結ぶ線が胸椎4番の高さになります。
肋間神経痛の場合は両乳頭から下の方に幅広く巻くようにすることがコツです。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP