ブログ blog page

バラコンバンド 膝巻き

2012-12-01 (Sat) 13:23

■ バラコンバンド健康法 膝巻き

2m(折径25mmまたは39mm)バンドを使用します。
膝痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなど足に症状がある時の
骨盤(腰回し)運動時に巻きます。

バンド運動マニュアル http://www.youtu119.com/page0110.html

膝関節の故障は女性に多いものです。
症状も痛む、曲がりにくい、伸びにくい、水が溜まるなどさまざまです。

正座が出来なくなり、やがて階段の上り下りもままならなくなります。
普通、膝に痛みが走ると膝の悪化だけを考えますが、これは大きな間違いです。

膝関節痛の人を診ると多くの方が骨盤(仙腸関節)が歪んでいます。
関節痛は二次的症状で根本原因は骨盤の歪みですから、
こうした関節痛の場合は骨盤のズレを正さなければ治りません。

基本は骨盤と膝巻きでの骨盤運動です。
膝の皿の部分を残して、まずその上に二回巻き、その下に二回巻きます。
残りのバンドを膝の皿を包むように巻き、バンドの下に端をはさんで止めます。
膝に水が溜まっている時、曲げ伸ばしが辛い時には
膝の皿の上下をグルグル巻くだけでも効果的です。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP