ブログ blog page

両膝と右肩が痛くなりました

2012-10-30 (Tue) 13:36

両膝は正座ができないほどでしたが、
インターネットでバラコンバンドを見つけ注文して、
骨盤運動と膝回しを続けたところ、かなりよくなってきました。

しかし右肩は痛みが増してきて、特に後ろへ回すと激痛が起こります。
最近では右腕全体が痛くなったり、だるくなったりします。

たすきがけにしたり、先生のこのHPを参考に
肩から腕にかけてバンドを巻いたりしているのですが、痛みは変わりません。

このまま骨盤運動を続けていれば、よくなるのでしょうか。
よろしくお願いします。

 

A 膝の自覚症状は改善してきて良かったですね。
でもこれからも続けてください。
症状が改善してくるとバンド運動を止めてしまう方がおられますが
少しずつでも続けることが大切です。

Q 肩から腕にかけてバンドを巻いたりしているのですが、痛みは変わりません。

腕を後ろに動かすと痛みが増すことは
おそらく50肩の症状ではないでしょうか?
 
当サイトを参考にしてバンドを巻いた・・・とありますが
期間的にはどのくらいですか?
一日に何回されていますか?
バンド巻く強さはどうですか?(動画を参考に巻く回数をもう一度みてください)
 
悪くなるにも時間がかかっていますので
良くなるにも当然時間がかかります。
これが治る速さが個人差となってあらわれます。

今、膝のほうが楽になってきているので
肩に症状が強く感じるようになったのではないでしょうか?
体は連動して動いていますので、
肩、首、腕、背中など全体を緩めることが大切です。
 
私自身数年前に左肩が辛くなったときには
わざと何もせずに放っておきました。
バンド運動で治す方法を見つけるためです。
 
しかし夜寝ていてうずき、治療中の指圧の時にも肩にビーンと響くことも多くなって
肩巻き、腕巻きをして一ヶ月から変化が出てきて二ヶ月ほどでよくなりました。
 
バンド運動以外では「健康豆知識 50肩」も参考にしてみてください。
http://www.tsuruchiryouin.com/mametisiki.html#09

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP