ブログ blog page

Q 椎間板ヘルニアと診断され、腰痛と臀部の痛みです

2012-10-09 (Tue) 14:25

Q 過去にぎっくり腰を経験して、
整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。

最初のころは治療効果を感じていましたが、
最近はあまり良くなっている気が感じられません。

ネットを見ていて偶然ここのHPを見つけて、
良くなるものならバラコンバンドを試してみたいと思っています。
症状としては、右側の臀部の痛みです。


A初期の坐骨神経痛になっているみたいですね?
骨盤の狂いから腰椎に負担がかかり、
結果的に「椎間板ヘルニア」と診断されたと思います。

硬くなっている骨盤の周り、足の筋肉を緩めて、
骨盤の狂いを正していけば大丈夫です。

夜は眠れていれていますか?
悪くなって慢性的になると痛みのために眠れなくなる事があります。

HP上で紹介している患者さんの写真を見てもらえば解かると思いますが、
まずは関節の動きを良く(大きく)しなければいけません。
動きが大きくなってくると、痛みが段々薄らいでくると思います。

「治りたい」と思う気持ちを強く持ち、
継続する事が大切です。
バンド運動をしながら、痛みがあるときは
バンドを軽く巻いておけば痛みは楽になると思います。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP