ブログ blog page

ギックリ腰の患者さん

2010-11-20 (Sat) 21:39

人の体は正直です!
辛い時は普通にしているつもりでも
他の人から見ると・・・顔色、様子がちょっと変!?と感じられます。

つい最近の電話での問い合わせでした。
ギックリ腰ですぐにでも治療を受けたい・・・とのことでしたが
予約の空きがなくどうしようもなくて
申し訳ありませんでしたが翌日の予約をお願いしました。

電話では顔は見えませんが、
声からはとても辛そうな様子が感じられました。

応急処置として・・・?
お風呂で何回も入ったり、出たり・・・繰り返して
よく温めてもらうようにアドバイスしました。

当日、来院されたギックリ腰の患者さんは・・・?
歩くにも辛そうにソロソロと動かれて
座ったら、次に立ち上がることにがスムーズに行かず
ゆっくりとしか動くことが出来ませんでした。

時間をかけながら骨格を調整する・・・と言うよりも
硬くなった筋肉を緩める主体の治療をさせえていただきました。
ギックリ腰の患者さんの場合は、普通に動くことが出来ません。
ちょっとしたことでも痛みとして感じてしまいます。

出来るものなら痛くないように治療を受けたいものです。
私自身「歯医者さん」で経験したことがありますが・・・!

今回のギックリ腰の患者さんの場合
帰るときには足取りも軽く
「楽になりました、ありがとうございます」
と言っていただき
「良かったなあ」と安心しました。

いままでに「すぐにでも楽になってもらいたい」と思い
いろいろと考えて治療をさせてもらっていますが
どんな患者さんにも通用する正解の治療はありません。

日々、考えながら患者さんひとりひとりに合った治療を・・・と思っています。
正解のない答えを見つける毎日です。
 

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP