ブログ blog page

(1) 椎間板ヘルニアの間違った常識を考察する

2017-05-10 (Wed) 13:42
手術をとの医者の勧めを断ってよかった!

一般的に「腰痛」という意味でひと括りされている症状の中で、
もっとも多いのが椎間板ヘルニア。

たしかにMR-で撮るとはっきりとヘルニアが認められるが、
だからといって、痛みの原因だというヘルニアを手術で
除去すればいいという現代医学の手法で本当に治るのか?
というと答えはノーだ。


治らないということは「間違った常識」に
惑わされていることで、
東京総本部での症例を基に椎間板ヘルニアの問題点について
考えてみたいと思う・・・!

■ 手術をとの医者の勧めを断ってよかった!

「なんでも椎間板」と常々五味会長が揶揄しているのは、
腰痛等」の患者さんに対する現代医学(整形外科)の
姿勢のあやふやさを指してのことである。

現代医学では、腰痛は病名ではなく、
単なる症状に過ぎないという。

それからしておかしいが、
いまもって頑なにその姿勢を取っていて、

「腰が痛いのですが・・・?!」

と訴えてきた患者さんに、
整形外科医は、まず検査をしましょうと、
レントゲンやMRIを撮ることを指示する。

「腰が痛い」というのは、患者さんの「感じ」だけのことで、
医師には「見えない症状」だから、漠然とした状態に過ぎない。
そこで、とりあえずは検査をする。

昨今の医療の検査機器の発達はめざましいものがあって、
MRIなどはその最たるものであり、
それに関わった医学者らがノーベル賞を取ったほどだ。

そうした精巧なMRIで撮ると、
ヘルニアが鮮明な画像となって映し出される。

すると医者は、なぜ脊椎を構成する椎骨と椎骨の間にある、
椎間板の中の髄核がはみ出して骨化する(ヘルニアになる)かの
根本原因を追及せず、ヘルニアが見つかったから、

「椎間板ヘルニアですよ」と病名をつける。

腰痛で来る患者さんの多くにヘルニアが認められる。
だから、そうした患者さんには、その病名を付ける。

椎間板ヘルニアの患者さんが圧倒的に多いのは、
そうした理由だからだ。

医者は、この突出したもの(つまりヘルニアである)が
神経にふれて、痛みを誘発する原因だと説明する。

そして鎮痛剤を出し、しばらくは安静にしているようにいい、
痛みがあまり激しくなれば、
その飛び出した部分を切除する手術を勧めるのである。

それで椎間板ヘルニアが解消するのなら、
なにもいうことはないのだが、

我々自然良能会の立場からいえば、
五味会長の著書の題名のように、
「椎間板ヘルニア手術なんてとんでもない」ことであって、
ヘルニアを削り取れば治るという考えは間達いだと言える。

腰痛に対する考え方が、
我々と現代医学とではまるで達うということである。

端的にいえば、自然良能会では
「腰痛の根本原因は骨盤の狂いから」と説明し、
その狂い歪みを矯正することで腰痛を治す治療法・・・
骨盤調整をもって世に問い、確かな実績を残している。

しかし、現代医学はその骨盤を無視している。
そんな現代医学の対応は、
いってみれば枝葉の要因を取り上げて原因という。

そこを治療すれば治るというものだが、
根幹の原因である骨盤にはまるでふれない理論だから、
我々が、「現代医学では腰痛は治せない」
といってはばからないのは、現に医者で治せなかった
重度の症状の患者さんたちを、
自然良能会では確実に治している「事実」があるからだ。

それでも骨盤調整は、現代医学からすれば「異端」の論と、
いまもって思われているようだが、
その狭視的な見方というか、かたくなさには唖然とするばかりである。

五味会長が「なんでも椎間板」というほど多い
椎間板ヘルニアの例をみても、痛みが激しい患者さんには、
すぐに、「手術をしなくてはなりませんね」と勧めるが、
そういう医者自身が「手術をしたら治る」という確信がない。

自分が逆の立場だったら、
手術は拒み、他の治療法を頼るだろうという。
事実そうした例がいくつもある。

だが、患者さんたちは立派な設備の検査機器に圧倒され、
医者の付ける病名に萎縮してしまう。

なによりも医者の権威はいまだ確然としてあるから、
そのいうことには唯々諾々として従う。

「私もそうでした・・・」

というのは、Sさん(57歳)である。
この記事を表示

(2) 椎間板ヘルニア 左側のお尻が痛い

2017-04-01 (Sat) 13:16
Kさんだが、当人は昨年の11月に(椎間板ヘルニアを)発病したといったが、実際はもっと以前から骨盤を狂わせていたものだが、腰部の微々たる痛みなどの違和感はあっても本当の症状は潜伏していて、気づかなかった...
記事全文を読む

(1) 椎間板ヘルニア 左側のお尻が痛い

2017-03-27 (Mon) 13:28
治療を受けに来る人たちにはいろいろなタイプがあって、文字通り十人十色だ。「治りたい」という一途な思いは、皆同じなのだろうが、治療する間の対応は、人それぞれで異なってくる。患者さんの「姿勢」がである。自...
記事全文を読む

(3) 椎間板ヘルニアは手術しなくても治る

2017-03-01 (Wed) 13:32
痛さでべそをかきながら、歩くのもやっとという格好で入ってきた。(以前にもいったように)初診の患者さんは、五味会長が自ら診て治療する。だが、身体のどこをさわっても、悲鳴を上げて痛がる。通常の手順のような...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニアは手術しなくても治る

2017-02-22 (Wed) 13:41
しかし現代医学では、具体的な原因や治療法の説明はなく、短絡的に飛び出ているヘルニアを削り取れば痛みは解消すると言って、猛烈な痛みを訴える患者さんに、「すぐに手術しなければいけません」と勧める。奇妙な事...
記事全文を読む

(1)椎間板ヘルニアは手術しなくても治る

2017-02-14 (Tue) 14:44
若い世代に増えている腰痛4年前に椎間板ヘルニアの手術をしたのだったが、また再発して歩けなくなった。だが二度と手術はしたくないと迷っている時、骨盤調整を勧めたのはお母さんであった。五味勝会長の著書を読み...
記事全文を読む

(2) 高齢者の効果的な治療法 右太ももに痛み

2017-01-25 (Wed) 12:53
Wさんも(牽引だろうと思われる)腰伸ばしのリハビリをしたというが、所詮はお茶をにごすような処置に過ぎず、当然のように治るどころか改善の見込みはまるでなく、状態は悪くなっていくばかりだった。老化現象・・...
記事全文を読む

(1) 高齢者の効果的な治療法 右太ももに痛み

2017-01-16 (Mon) 13:30
医師らがいう老化現象の「あやふやさ」と高齢者の効果的な治療を考察する腰と足の痛みで歩行も困難だったのが、数回の骨盤調整でウソみたいにらくになって!腰と右足の痛みで、日常の動きもままならぬようになって、...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニアと神経ブロックを考える

2016-12-12 (Mon) 13:08
そこで、整形外科の治療と併用して整体治療も10月から受けたのであった。そこで「年末までには完治するでしょう」といわれた。たしかに年末には(まだ身体を前傾させたヘンな格好の歩き方だったが)痛みはだいぶや...
記事全文を読む

(1) 椎間板ヘルニアと神経ブロックを考える

2016-12-05 (Mon) 14:06
椎間板ヘルニアのあまりの痛さに神経ブロックの注射を受けたのが、今回の症例です。だが、神経ブロック注射は痛みを麻痺させるだけの手段であって、治すための方法ではありません。たまたま立ち寄った会社の近くの書...
記事全文を読む
<前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次>

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP