バンドがなぜ効くのか? Why

バンドがなぜ効くのか

■ バラコンバンドのおもしろ効果

骨盤調整法の自己治療として考案されたタネも仕掛けもない
1本のゴムのバンドがなぜ?!

人体の根幹となるのは骨格です。
家屋でいえば土台にあたります。
この土台が歪んでいれば、柱も曲がってしまい、
家全体がガタガタになるのは当然のことで、
それは人間の骨格についてもいえるのです。

人体の要ともいえる骨盤が狂うと、
骨盤の上に乗る脊柱がS字状になり、
必要以上に背骨(腰椎)に負担がかかり
周囲の組織は萎縮、血液循環も悪くなります。

この影響は体の各部へ及び、いろんな症状となって表われます。
慢性腰痛、椎間板ヘルニア、肋間神経痛、脊椎すべり症、
分離症・ギックリ腰、坐骨神経痛、股関節脱臼等々・・・

根本原因は骨盤(仙腸関節)のズレから出る症状なのです!

皆さんは仙腸関節を知っていますか?


骨盤は左右一対の腸骨と骨盤中央にある仙骨の
三つの骨で構成されています。
この腸骨と仙骨の連結部分にあるのが仙腸関節です。

実は骨盤はこの一対の仙腸関節によって
コントロールされており、そのどちらかがズレると、
骨盤はたちまちおかしくなりさまざまな症状を生むのです。

現代医学はレントゲンにも写りにくい、
この仙腸関節の重要さを長い間見逃してきました。


それに着目したのが、自然良能会・故 五味雅吉会長です。

医師たちのかえりみなかった仙腸関節の重要さを発見し、
創案したのが画期的な治療法として
各界の注目を集めている「骨盤調整法」です。
骨盤構成図

医師も見放したひどいギックリ腰、歩けない、大の男が苦痛に顔を歪ませて、
ベソをかきながら家人にささえられて治療に来ます。
骨盤調整法の施術10分。
患者はスタスタと歩いて帰った。
付き添いの人が魔法を見たようにびっくりしていた。

不思議でもなんでもないのです。
痛みの本当の原因である仙腸関節のズレを矯正したからです。
骨盤調整法は根本治療なのです。
バラコンバンドは、そうした骨盤調整法の原理で、
自分で治療するためのものとして考案されました。

生ゴムの一本のバンドです。タネも仕掛けもありません。
それが不思議なほどの効果を発揮するのです。
骨盤調整法の理論に則った方法で、
なによりも骨盤のズレを正すことを第一義とし、
それぞれの症状に応じた巻き方で、

(1)骨格を正す
(2)血液循環を正常にする
(3)指圧効果などの効能があります。

いまやバラコン法はひそかなブームとなりつつあります。
なによりも手軽にでき、場所をとりません。
お年寄りから子供まで、誰でもラクにできるが魅力です。
それでいて、おどろくばかりの効果がある。不思議なバンドです・・・・・。
 

■ 自己治療用骨盤調整法バンド(バラコンバンド)
クリック⇒骨盤のズレを詳しく自己診断してみよう

まず目を閉じて片足立ちしてみよう!
左の図のように目を閉じて片足立ちしてみてください。

いかがですか?

グラグラ揺れて、すぐに足が地についてしまうようなら、
あなたの骨盤は狂っています。
そのすぐあとに、バラコンバンドを骨盤巻きにして
もう一度片足立ちを試してください。

ついさっきまで不安定で立っていられなかったのが、
見間違えるほどしっかりと立ってる。
あなたはびっくりされるでしょう。
片足立ち検査

骨盤は家に例えれば土台にあたり、
人体の要ともいえる重要なところです。
それは仙骨と腸骨とが互いに連結して形づくられており、
この連結部分を仙腸関節といいます。

骨盤の中にある仙腸関節。
レントゲンでも映らず、現代医学ではほとんど無視されてきましたが、
実は人間の動きの中心といえるのです。

筋肉、じん帯組織の血液循環が悪くなって
その仙腸関節がズレると骨盤全体が歪み、
バランス(楽な姿勢)をとるために骨盤の上にた立つ背骨がS字状に曲がり、
血行不良を起こし各所の神経を刺激して
腰痛をはじめあらゆる足の痛み、シビレ(坐骨神経痛)などを併発するのです。

骨盤の矯正を基盤とする骨盤調節法は、
医者も見放した難病も苦もなく治療する。
多くの驚異的な実証例で理論の正しさを証明しています。
バラコンバンドは、骨盤調整理論をもとに
自己治療、腰痛予防用として思案されました。


■ 治す力を引き出すバラコン法の不思議効果

一本のチューブ状のゴムバンドです。
タネも仕掛けもありません。
しかし、腰に巻いただけで立っていられなかった人が
ピシッと片足立ちができるほどですから
それぞれの症状に合わせた巻き方をすれば、
おどろくほどの効果が上がります。

なぜ、そんなに効くのでしょうか?
バラコンバンド。
骨盤を正しく調整する「バランス・コントロール・バンド」を略してそういいます。
その不思議効果の根拠を挙げると・・・・・。

(1)骨盤をはじめ関節変位を正常な位置に矯正する
(2)締める、緩めるの反復で血液循環を活性化する
(3)ゴムの収縮性が深部までとどく指圧効果を生む
(4)ゴムバンドの強力、収縮性が筋肉の代用をする

こうした効果があるバラコンバンドの最大の役割は、
自分で治す力(自然良能力・自然治癒力)を生み出すということです。

人体の動きの軸である骨盤を正し、
正常な血液循環、神経機能のはたらきを促進させると、
人間が本来もっている自然良能力を充分に引き出せるということです。

そこには医原病・薬原病の副作用もない、
根本から治癒して健全な体をつくるのです。
骨盤調整法・バラコンバンド療法は根本療法です。
 

■ 治った本人が誰よりもびっくりする

血液は、生命の源です。
動脈が新しい酸素と栄養素を各細胞に送り込み、
静脈が老廃物を回収する。
頭のてっぺんから足のつま先まで縦横に張りめぐらされた
血管を循環する血液が「生命力」となります。
その血液循環が活発な人ほど健康なのです。

ところが、骨格が歪むと、それに付着する筋肉がひきつれ、萎縮して硬くなり、
同時に血管や神経を圧迫して正常な血液循環を阻害します。
それが諸病を誘発する素因となるのです。

バラコン法は、根源である骨盤の歪みを自分自身で
正すことができる画期的な自己療法なのです。
そのめざましい効果については、
小社に寄せられた数多くの体験者からの声が証明しています。

どこへ行っても治らなかった人が良くなったという実例は枚挙にいとまがありません。
ただの一本のゴムのチューブがなぜそんなに効果があるのか、
治った本人が誰よりもびっくりしているのが事実なのです。


■「治そう」という気持ちが始まりです

バンドには生命力があります。
左の図は骨盤(仙腸関節)の変位から
生じる脊椎の歪みが原因で起きる
諸症状を図解したものです。

これでお分かりのようにいかに
多くの病気が骨盤のズレと関連があるかを示してます。

裏返せば、バラコンバンドを症状に
合わせて適切に巻けば実に効果が
ある、という証明でもあります。

そして、この項目では各種の
「バラコン運動法」を記述しました。
ですが、もっとも大切な巻き方・運動法は「骨盤巻き」をしての「腰回し運動」です。 
脊椎と病理
                               上の図をクリックすると拡大します

全ての症状が骨盤の変位に原因している以上、
骨盤のズレを正さなくてはならぬのは改めて力説するまでもありません。

どんな症状でも毎日少しずつの腰回し(骨盤)運動を欠かさず続けてください。

ただし、最初は無理をせず左右各50回くらいにしておきましょう。
そして馴れてきたら次第に回数を増やしていくのです。 
最初から無理してやると反動がでて、逆に痛みを増やすことがあります。

なによりも大事なことは、「治そう」とする前向きな気持ちと、積極的な努力です。
それなくしては治りません。

バンドには生命力があります。
あなた自身の気持ちを正直に反映するのです・・・・・。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP