ストレッチ体操 Stretch

ストレッチ

バンド運動で硬くなった筋肉に刺激を与えて緩めてから、
ストレッチ体操で筋肉を伸ばしてやれば筋肉の柔軟性が高まり、
関節の動きが良くなります。

最初は無理せずに始めてください。
筋肉をストレッチ(伸ばす)する時は、必ず息を吐くようにしながら行ってください。
s1_1 s1_2 s1_3

準備運動

両足裏を合わせてあぐらをかき、合わせた足裏のかかとを体に引き寄せます。
上体をゆっくり動かします(前後・左右・回転など)

s2_1 s2_2  
 
足の裏側

左足を伸ばし右足は曲げた姿勢をします。
伸ばした左足のつま先は必ず上を向くように注意します。
左足の裏側が伸ばされている事に意識します。
楽にできるようになったら、つま先を足の甲側にも曲げます。反対の足も同じように行います。
一度に無理をせずに行ってください。

s3_1 s3_2 s3_3
 
足の裏側

(写真左)両足を開き股関節、太ももの内、裏側の筋肉を伸ばします。
時間をかけながら少しずつ開くようにします。
(写真中、右)片方の腕を挙げ、反対の手で肘を持ちます。
上体が前に倒れすぎないように注意します。
左右同じように行います。

s4_1 s4_2  
足の裏側
膝を曲げて反対の足は伸ばして、つま先は上を向くようにします。
息を吐きながら上体を前に倒します。
無理せずに曲がるところで止めておきます。
時間をかけて行うと段々前に曲がるようになりますので、無理しないように行ってください。
左右同じように行います。
s5_1 s5_2  
 
太もも前面

膝を折るように曲げ反対の足は伸ばします。
特に硬い方はこの方法で無理しないように行ってください。
余裕がある方はこの状態から体を後ろに倒します。
左右の膝の間を付けるようにすると、もっと筋肉が伸ばされます。
左右同じように行います。

s6_1 s6_2  

背部から腰部

片膝を立て反対の足の外側に足の裏を付けます。
立てた膝の反対の肘を膝の外側に当て、肘で膝を押すようにしながら上半身をひねります。
限界のところで10~15秒間止めておきます。
この時には必ず息を吐くようにします。
左右同じように行ってください。

s7_1 s7_2  
 
おしり

左足の膝を曲げ、右足の膝上に置きます。
右膝を立てて、膝を胸の方へ引き寄せるようにします。
引き寄せる方向(外、中央、内)によって伸ばされる筋肉が違います。
左右同じように行います。

s8_1 s8_2  
 
仕上げ

両手、両膝をつきお尻を左右に振るように動かします。
両膝を伸ばしてゆっくり背中をそるようにします。
必ず無理しないように、ゆっくり行ってください。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP