ブログ blog page

(2) 腰から足まで痛みとしびれ 腰痛治療長崎市

2015-09-28 (Mon) 13:36
椎間板ヘルニアその他の全身症状で悩む患者を治療して思ったこと


真面目にご自分の身体と向き合い、取り組まれている方で、
私が記憶しているなかでも、熱心な患者さんのひとりです。

車で通うには二時間半かかります。
その距離をご家族の協力のもと最初のころは
週に二回のペースで通われていました。

通い始めた当初はとてもひどい状態で、
杖を突きながら来られていたことを覚えています。

とにかく痛みがひどくて、
歩くのがままならないといった様子でした。

その時、椎間板ヘルニアと診断されていましたが、
それだけではなくいろいろとつらいところが沢山あり、
下半身のつらさだけではなく、
上半身にもつらさがおよび、肩こりゃ頭痛といった症状まであり、
ほぼ全身につらさがきておられました。

そして、治療が進むたびに好転反応も出てきて、
そのつどこれを超えなければいけないことや、
変化の過程は薄紙を剥がすような取れ方であることを
理解され、日々努力を重ね、今日の状態まで回復されました。

あと身体としては、仙腸関節の動きが出てくれれば良いのですが、
まだ、もうひとつの芯の硬さがあり
スッキリとはいっていないのが課題といったところです。

腰以外の状況としては、なかでも眠りが悪く、
16年間も睡眠薬を服用していたのでしたが、
治療のおかげで最近は薬を飲まなくなり、
ご本人も薬なしで眠ることのできる喜びを
感じておられるようです。

睡眠薬は副作用がきついのでできるだけ
飲まないで済めば飲んで欲しくない訳ですが、
患者さんのつらさを考えるとほんとに心苦しいところです。

通常はやはりつらさから、途中で他の治療へ移ったり、
やめてしまう方もいらっしやたりするものですが、
「なんとしても楽になりたいんです」という熱い思いに
突き動かされるようにして、今日までやってまいりました。

その結果、痛みからも解放され、
そして眠りまでよくなったのです。

そうした積み重ねが私たちの治療には大事であると、
改めて心にとめることができ、
この上ない喜びを感じているところです。



月刊自然良能より

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP