ブログ blog page

病院で治らない腰の痛み

2013-02-18 (Mon) 15:21
20130218
















整形外科では治らない腰の痛みが、骨盤調整を受けると・・・!


母が入院して、毎日看病に通うようになったある日、腰が重たく感じたのでした。
バスに何時間も乗るからだろうと、その時は思ったのです。

しかし、数日後、左の足・腰の痛み、シビレヘと変わっていったのです。
あわてて整形外科へ行「仙腸関節が歪んでいます」と言われました。
 
仙腸関節・・・私は初めて聞く言葉でした。
その時の治療は、腰を温めてもらい、薬局で湿布をもらったのでした。

病院を出たものの、足・腰の痛みで歩くことができず、
横断歩道も知らない人に手を引いてもらって渡る始末でした。
あまりの痛さに、次の日、先生に症状を訴えると、
飲み薬(痛み止め)と坐薬が処方されたのです。

しばらくの間、飲み薬、坐薬の使用が続きました。
薬が切れるころには、料理をしようと台所に立っても、
五分と保たないのでした。

クシャミをすると、全身に痛みが走る。
当然、買い物にも行けなくなってしまいました。

「このままでいいのかしら? 
このまま歩けなくなるのじやないかしら・・・」
と不安な日が続いたものでした。

数カ月が過ぎ、二月のある寒い日でした。
整形外科から帰った私は、痛みのためベッドに横になった瞬間、
母の死を知らされたのです。

葬儀の日、じっと立てない私の傍に、
嫁に行った娘がひとときも離れず身体を支えていてくれました。
 
母のことを思い涙を流し、痛みで寝られない夜、
毎日暗い気持ちで過ごしていたものです。

そんなある日、「貴女の症状と同じようなことが書いてある本を見つけたから、
読んでごらん、参考になるかも知れないよ。もし治療に行く気持ちになったら、
幸い長崎に治座所があるから行ってみたら」と、
気分がすぐれないのを見かねた友人が、一冊の本を送ってくれたのでした。

それが、五味勝先生の「骨盤調整法でどんな腰痛も治る」だったのです。
そして、長崎の治療所に線が引かれてありました。

私はさっそくむさぼるように読みました。
読み終わると、再度読みました。五味先生の書かれた本には、
自分と同じような症状がいくつも紹介されてありました。
 
私は、長崎支部の津留先生のところに治療に行こうと決め、予約しました。
それでも当日は、恐るおそるうかがったのですが、
治療所に入ると、患者さんの身体に手を添えて
丁寧に治療されている先生を見たのです。
 
私の順番になり、これまでの状態など事絹かに聞かれました。
治療の時、痛いところに先生の手が行くと、
「痛い」と思わず大きな声を出しそうになったものです。

治療後、先生は、

(1)骨盤が歪んでいること
(2)右の腰の方が悪いけれど、右をかばって左の方に痛みがきていること
(3)見かけは身体はやわらかいけれど、身体の中は硬い
 
等々、何点かあげられた。
そして、なんと一回目の治療で自分のバックを苦もなく持てた時は、
本当にびっくりしました。

(今までは、小さい物でも手に下げると痛みが走っていたのに・・・)
ここへ来てよかった、しみじみそう思いました。
「あせらず頑張ってみましょう」の先生の言葉に励まされ、
バラコンバンド運動を教えていただきました。

はじめは腰の痛みでなかなかうまく腰が回せなかったけれど、
お陰でこのごろはテレビの時間に合わせて、
左右交互にうまく運動できるようになり、
朝、夕日課として実行しています。

毎日の努力が、私の身体に必要だと言うことを感じながら・・・。
ひどい痛みで苦しかった毎日が、嘘のような今日この頃です。

友人が送ってくれた一冊の本は、自然良能会の五味先生と、
長崎の津留先生との出会いと共に、
病気と戦う勇気を私に与えてくれたのでした。

先生方には心から感謝の気持ちで一杯です。
これからも頑張って治療し、
元気になって楽しい人生を送りたいと思っております。


【 津留治療院 】

窪田美佐子さんが、初めて私の治療所(長崎支部)に来られた時は、
歩く動作のぎごちなさと、
顔色があまり良くなかったことが強く印象に残りました。
 
まず、初診の手順で簡単な問診をして、それから治療に移りました。
治療後、身体の変化を尋ねたところ、少し軽くなった感じはあるが、
はっきりはわからないとのことでした。
 
その後、窪田さんの身体の状態、
骨盤調整の理論を説明しました。

特に自律神経失調症の症状があることを伝え、
まずこれ以上悪くならないように、
そして少しずつ良くなるように
頑張っていきましょうと伝えたのです。

それに、毎日服用している痛み止めの薬は、
本当に我慢できない時だけ使用するだけで、
努めて服用しないようにと注意して、
治療の方は週二回のペースで行うようにしました。
 
痛み止めの薬は、治療開始直後より
まったく服用しなくなりました。一段階の進歩です。
 
三ケ月後には、治療も週一回のペースになり、
現在も継続して通院されています。

今回報告する窪田さんの例は、格別な場合ではなく、
同じような症状の方は沢山おられると思います。
 
特異な症例ではなく、同じような疾患に悩む方々が多々おり、
治る治療、正しい治療の存在を知らずに、
いたずらに苦悩の日々を送られている・・・。
そのことが問題なのだと私は思います。

私たちはそのような患者さんを日々確実に治していく、
そうした積み重ねをしていくことによって、
自然良能会(骨盤調整)のありようを
理解していただけるのではないでしょうか。
その努力を怠ってはならないと思っております。

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP