ブログ blog page

(2) 健全な心は健全な身体に 腰痛治療を経験して

2018-03-13 (Tue) 12:58
今回の症例であるHさんが、初めて自然良能会に
来たときは28歳であった。

だが5~6歳は若く見えた。
とはいっても、若々しいというのではなく、
弱々しくて力のない風情が、
たよりなげな女性と映ったのであった。

顔の色艶がない。
中肉中背で、痩せている様子はないのだが、
とにかく見るからに不健康な感じであった。

痛いのだろう、右の臀部に手をそえて、
そろそろとした足取りで治療室に入ってきた。

訴えた症状は、「腰椎椎間板ヘルニア」

腰椎の3番と4番の間と、4番と5番の間に
ヘルニアがあると話したのである。

右腰はもちろん、右臀部から太もも、膝から下まで、
つまり右下半身が全て痛いというわけだ。

それに背中もキリキリと痛むそうで、
椅子に座ってなにかをしていても、
ちょっと身体を動かしたりとか、
なにかの拍子で激痛が走ったりするという。

いまは、「家の近所を歩くのもつらいので・・・」
ほとんど家の中でブラブラしていると言った。

「私って、しごく丈夫だとは思っていませんが、
だからといってそんなに弱いわけでもないと思っています。

第一、これまで病院へ入院するような病気に
かかったこともないんですよ」というのだった。

ところが2年半ほど前から、
腰に違和感をおぼえるようになったのだ。

当初は軽い痛みで、「ちょっとした疲れかな」と思った。
おぼえがある。少し前に女友達3人で旅行をしたのだった。

そのときに、楽しいばかりについついはしやぎ過ぎてしまった。
その疲れが出たのだろう。(そのうちに治るわよ・・・)
そう思って意に介さなかった。

一般的な通例の「たかが腰痛くらい」という感覚だった。
だが、Hさんは自身では「弱い体質ではないのでは」と
思っているようだが、十代のころから疲れやすい体質で、
それだけに活発に遊んだり、運動したりした記憶はない。

あまり外へいって遊んだことがなかった。
また、外へいっても遊び相手もいなかった。

みんな低学年のうちから学習塾へいっているからで、
Hさんも同じように塾へいき、
その他にバレエ教室へも通わされたが、
それはすぐに「お稽古がきついから」といってやめてしまった。

そんなHさんの腰の痛みは、当初のときおり痛みが伴うが、
さして気にもならなかった違和感が、
いつしか絶えずしくしくした疼痛になり、
その痛みが次第に強くなった。

ふと気がつくと軽く跛行をしている自分に気づき、
愕然としたものでであった。

痛みは慢性的になり、耐え難い激痛に襲われるようになって、
あわてて病院の整形外科にかかったのである。

そこで医師に宣告されたのが、
「腰椎椎間板ヘルニア」であったというわけだ。

だが当然のように整形外科の処置では・・・?

五味会長も本誌や著書の中で詳しく述べられているが、
端的にいえば根本原因である骨盤(仙腸関節)を
無視しているのだから、治るわけがないのである。

きわめて簡単な理屈なのだが、
Hさんはそうしたことを知らなかった。

つらいのでマッサージにもかかりながら、
整形外科に通院していた。

そのうちに歩くのも大変になってきた。
会杜の仕事もできなくなって、母親に相談すると、
「辞めて家で静養しながら治しなさいよ」と言われ、
退職したのだった。

それからしばらくすると、担当の医師から、
「これはもう手術するしかないでしょうな」と言われた。

ショックだった。悩んだ!

でも、それしか方法がなければと半ば覚悟した時に、
五味会長の著書「椎間板ヘルニア手術なんてとんでもない」
を母親が書店から見つけてきたのである。

それで自然良能会に来たのだという。
初診は五味会長が診る。

右仙腸関節が大きくズレている。左も同様だ。
だが、それほど重度な症状ではない、とさらりといった。

いわれてHさんはびっくりした。
同会長はすぐに調整治療にかかった。

終わると、再度驚いた。
身体がウソみたいに楽になっていたのだった。

それからHさんの治療所通いが始まった。
何回かすると、顔色がよくなってきた。
弱々しかった所作がしゃきっとしてきた。

骨盤調整の本当の効果は、まさに眼を見張るものがある。
それだけに、こうしてみるみる良くなる経緯を記しても
「ウソっぽい」と取る素直でない人もいる。

「これまで私、どうしていたんでしょうね」
というHさんもそうした一例である。
この記事を表示

(1) 健全な心は健全な身体に 腰痛治療を経験して

2018-03-06 (Tue) 13:06
腰痛になる事態が異常なことであり、しかも腰痛にとどまらず、いろんな症状を誘発する。その恐ろしさを知らないのだ。若い人たちの腰痛が増加する原因はどこにあるのか?「四十肩に五十腰」という言葉があるように、...
記事全文を読む

(2) 骨粗しょう症と骨盤調整

2018-02-07 (Wed) 13:21
Aさんの息子さんも腰痛で自然良能会にかかったことがある患者さんのひとりであった。それなのに、左足が重くて痛いなどといった症状が出だのは3年ほど以前のことである。それからずうっと病院通いをして整形外科の...
記事全文を読む

(1) 骨粗しょう症と骨盤調整

2018-01-27 (Sat) 13:37
■正しい治療とは何かを考えるAさんが初めて施術に来たのは、昨年の3月である。そのとき74歳。女性で小柄でほっそりしていて、歩くのも歩幅が狭く、すり足で、前かがみになってそろそろと歩き、見るからに弱々し...
記事全文を読む

(2) 両手指のしびれ、腰と両膝の痛み

2017-12-22 (Fri) 14:02
母と子ら三代が身体と心を癒されて母と共にお世話になって早くも三ケ月が過ぎようとしています。背骨の症症をかかえていることは去年と変わりのないものですが、今年の冬は寒さを感じさせない母の笑顔があります。そ...
記事全文を読む

(1) 両手指のしびれ、腰と両膝の痛み

2017-11-21 (Tue) 13:21
■自然治癒力の根源にあるものは骨盤調整の素晴しさに接した患者さんのよろこぴの治療レポート前向きな努力の必要性日々の治療で思うことは・・・Nさんが、実家の76歳になるお母さんを連れてやって来られた。お母...
記事全文を読む

腰痛の原因

2017-10-17 (Tue) 13:13
一枚のレントゲン写真の中に自然良能会が主張している正しい治療は「なにか」の答えが症例は七十二歳の女性。脊椎が極端に曲がっていることは、誰が見ても歴然とわかる。「この人、お年のわりには体格がよく、いつも...
記事全文を読む

(4) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-09-26 (Tue) 13:16
以前先生は【魔法なんてありませんよ】と言われましたが・・・先生そのものが魔法を繰る人のように思えます。雲の糸の話ではないですが、先生は地獄に落ちた自分のような人たちをバンドで釣り上げてもう一度社会に復...
記事全文を読む

(3) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-09-15 (Fri) 13:14
先生の所に通い始めてから約1ケ月前後、当時の記録が、朝布団から起床し45度の斜面(ストレッチボード状)に乗りながら歯磨き。その後に骨盤巻き、膝巻き、足指巻きの状態で運動開始、左右1分間30回転計6分間...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-09-04 (Mon) 13:12
暑くなり髪の毛も伸び知人の床屋へ行った。「その体は何をした!?」と聞かれ「ヘルニアになりました。」「最近多いよね、しかもグニヤグニヤ蛇みたい」と言われ、「自分は蛇年だから仕方ないです(笑)」「手術はせ...
記事全文を読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP