ブログ blog page

(2) 骨粗しょう症と骨盤調整

2018-02-07 (Wed) 13:21
Aさんの息子さんも腰痛で自然良能会に
かかったことがある患者さんのひとりであった。

それなのに、左足が重くて痛いなどといった
症状が出だのは3年ほど以前のことである。

それからずうっと病院通いをして
整形外科の治療を受けていたもので、
結果的にはよくなるどころか悪くなるばかり。

全身症状になって歩行もままならぬようになり、
息子さんに言われてようやく
自然良能会の治療を受ける気になったという。

このことは、Aさんの不明というよりは、
我々の治療法がまだまだ知られていないということを
反省しなくてはいけない。

骨盤調整のなんたるかを広く知らしめる努力が
いまだ足らないということである。

Aさんを治療したのだったが・・・?

当人が訴えたのは全身症状だが、
痛みは左首、左府、左腰、左足と左側ばかりだが、
仙腸関節を大きく狂わせていたのは右であり、
骨盤も右上後方に傾いていた。

これは、狂った右側を自然にかばおうとするために、
左側に過剰な負担をかけることから痛み、
シビレなどを誘発するもので、
珍しいことではなくてよくあるケースといえる。

左仙腸関節も当然狂わせていた。

そうした証明は、足の長さを当人に見せるのが
一番てっとり早いし、納得もいく。

骨盤が右上に傾いているから、
右足があきらかに短いのは当然で、
五味会長はそのことを示して、
右仙腸関節から調整を始める。

「ハーッ」と気合をかけて調整すると、
右足が伸びて、逆に左足よりも長くなっていた。

今度は左足を調整した。両足がピタッとそろった。

そのことにも驚いたが、
それ以上に身体がウソみたいに軽くなって、
こころなしか前屈みであった背筋がピンと伸びたように
思えたことにびっくりした。

翌日もAさんは治療に来た。
結局、初診のときから7月まで毎日通ってきたのである。

Aさんは、一見運動とは緑のないような
弱々しさを感じさせる人だが、
イメージとは裏腹に活発なところもあって、
ことに「歩く」ことが大好きといい、
ご主人と毎日散歩をするのが楽しみだといっていた。

だが、今年の春は長く歩けないので、
大好きなお花見に行くことができなかった、
と口惜しげに話していた。

それが治療をつづけるうちに、
またご主人との散歩を再開するようになっていた。

背筋も日をおって伸びてきて、
「まるで子どもに帰ったみたいで、少しずつ背が伸びていくのよ」
と笑っていた。

またご主人と歌舞伎座で歌舞伎を観に行ってきたともいった。
その表情が実に屈託がなかった。

そして、7月に入ると、何日聞か顔を見せなくなった。
毎日通っていた人だから、どうしたのだろうと思っていると、
旅行にいっていたのでと、ニコニコ笑いながら治療所にきたのだった。

「来年7月の祇園祭りには、ぜひ行きたいので、
これからも頑張って通ってきます」

さて、Aさんの骨粗髭症であるが、
この症状はざっかけなくいえば、
骨の栄養不足からくる弱体化であろう。

それを医師は、ややもすれば老化現象と結び付ける。

老齢者の腰痛、神経痛などにもこの言葉が使われて、
ただ、「安静にしているように・・・」
といった言葉で糊塗する。

たしかに長年使い込んだ機械と同じで、
老齢の身体はガタがくるのは当然である。

しかし、手入れをすればまだまだ活動できる。
骨も同じだ。

その手入れが骨盤調整なのである。

骨盤の狂いを矯正し、血液循環を活発にすれば
これまで栄養のまわりの悪かった個所にも栄養がいきわたり、
活力が出てくる。

Aさんの変貌がそのことをなによりも端的に
物語っているのではなかろうか。


月刊自然良能より
この記事を表示

(1) 骨粗しょう症と骨盤調整

2018-01-27 (Sat) 13:37
■正しい治療とは何かを考えるAさんが初めて施術に来たのは、昨年の3月である。そのとき74歳。女性で小柄でほっそりしていて、歩くのも歩幅が狭く、すり足で、前かがみになってそろそろと歩き、見るからに弱々し...
記事全文を読む

(2) 両手指のしびれ、腰と両膝の痛み

2017-12-22 (Fri) 14:02
母と子ら三代が身体と心を癒されて母と共にお世話になって早くも三ケ月が過ぎようとしています。背骨の症症をかかえていることは去年と変わりのないものですが、今年の冬は寒さを感じさせない母の笑顔があります。そ...
記事全文を読む

(1) 両手指のしびれ、腰と両膝の痛み

2017-11-21 (Tue) 13:21
■自然治癒力の根源にあるものは骨盤調整の素晴しさに接した患者さんのよろこぴの治療レポート前向きな努力の必要性日々の治療で思うことは・・・Nさんが、実家の76歳になるお母さんを連れてやって来られた。お母...
記事全文を読む

腰痛の原因

2017-10-17 (Tue) 13:13
一枚のレントゲン写真の中に自然良能会が主張している正しい治療は「なにか」の答えが症例は七十二歳の女性。脊椎が極端に曲がっていることは、誰が見ても歴然とわかる。「この人、お年のわりには体格がよく、いつも...
記事全文を読む

(4) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-09-26 (Tue) 13:16
以前先生は【魔法なんてありませんよ】と言われましたが・・・先生そのものが魔法を繰る人のように思えます。雲の糸の話ではないですが、先生は地獄に落ちた自分のような人たちをバンドで釣り上げてもう一度社会に復...
記事全文を読む

(3) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-09-15 (Fri) 13:14
先生の所に通い始めてから約1ケ月前後、当時の記録が、朝布団から起床し45度の斜面(ストレッチボード状)に乗りながら歯磨き。その後に骨盤巻き、膝巻き、足指巻きの状態で運動開始、左右1分間30回転計6分間...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-09-04 (Mon) 13:12
暑くなり髪の毛も伸び知人の床屋へ行った。「その体は何をした!?」と聞かれ「ヘルニアになりました。」「最近多いよね、しかもグニヤグニヤ蛇みたい」と言われ、「自分は蛇年だから仕方ないです(笑)」「手術はせ...
記事全文を読む

(1) 椎間板ヘルニア、右足坐骨神経痛が手術をしないで治った

2017-08-28 (Mon) 15:19
■骨盤調整法とバラコンバンド2016年初夏いつものように仕事をしていたら、昼過ぎ頃から右半身(肩から足先まで)ダルイ感覚があった。その時は疲れだと思った。夜になっても違和感があったが、翌日には、その感...
記事全文を読む

(2) 椎間板ヘルニアを骨盤調整で解消して

2017-07-25 (Tue) 12:48
(前々からいっているように)初診の患者さんは五味会長が自ら診る。五味会長は前会長と同じように、初診の診断だけを自らして、治療はスタッフに指示して任せてもいいのであるが、同会長はまだまだ元気で、現場の第...
記事全文を読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

バラコンバンドの選び方

バンドの種類は大きく分けてチューブ状バンドとワンタッチバンドがあります。◆チューブ状バンド締め具合を自由に調整でき、バンド運動で筋肉をゆるめて体の改善を目的に使用します。巻く場所、巻き方によってバンドの太さ(大は折径3­9­m­m­,中は折径2­5­mm)、長さ(大は3­m­又は4­m、中は2­m)が違ってきます。バンド(腰回し)運動時には、骨盤・両膝・両足指巻きの3­ヶ所にバンドを巻く事をお勧めします(パワーアップセット足指巻きバンド付き)バラコンバンド運動のやり方(マニュアル)はこちら!バンド運動の基本の巻き.­.­.­

Blog Category

PAGETOP